台湾のおすすめホテル!安くてキレイなシーザーパークホテルバンチャオをご紹介

Sponsored Link

台北市のど真ん中のホテルではないですが、中心部からMRTで約15分ほどのところにあるシーザーホテル板橋(バンチャオ)というホテルに宿泊しました。
写真で見てキレイなホテルだなとは思っていたましたが、宿泊したら想像以上に良かったのでご紹介したいと思います。

基本情報

Sponsored Link

ホテル名:Caesar Park Hotel Banqiao(シーザー パーク ホテル バンチャオ)
住所:No. 8, Section. 2, Xianmin Boulevard, 板橋区, 22065 台北市, 台湾
チェックイン:15:00
チェックアウト:12:00
最寄り駅:MRT板南線 板橋駅

MRTの板橋駅から徒歩5分もかからないです。
当日は雨が降っていたので、駅近で本当に助かました。

ホテルにはプール、ジム、ラウンジもあり。

15時前のチェックイン

チェックインの手続きはもちろん可能です!
パスポート確認と支払い(クレジットカード決済)を先に済ませました。
宿泊費にデポジット代がプラスされた金額で明細がでてきますが、チェックアウト時に宿泊費のみの金額にしてくれるので大丈夫です。

時間まで部屋には入れないので、荷物だけ預けます。
荷物を預けたら控えの紙(カード?)がもらえるので、15時以降にホテルに戻った時に受付に渡せばその時一緒に部屋のカードキーももらえます。

預かってもらっていた荷物は、フロントでもらって自分で持っていきます。

デラックスツインルーム

一番スタンダードな部屋に泊まりましたが…それでもゴージャスな部屋でした!

ベッドの奥にソファまであり、思ってたより広かったです!

部屋の出入り口横にあるクローゼットです。
引き出しの中には金庫が入ってました。

TV&デスクもおしゃれ~。
インテリアのセンスがいいですよね。

バスルームが最高!

清潔感があってとてもきれいなバスルーム。
右側にトイレ、左側にシャワールーム完備。

なんと洗面台が2つもありました!
一人ひとつずつって贅沢です!

アメニティはこんな感じ。
歯ブラシ、くし、髪ゴム、シャンプー、リンス、ボディーソープなど一通りそろっていたので現地でなにも買わずにすみました。

あと、部屋のスリッパがフワフワでした。
毎日新しいスリッパを持ってきてくれたので、必要な人は持って帰ってもいいかもです。

朝食

朝食付きのプランにしたので、朝食ビュッフェもご紹介します!

朝食なのでさすがに小籠包とか餃子はありませんでしたが、種類豊富で目移りしまくりました。

この辺は台湾料理コーナー。
よくわからないけど、とりあえず取ってみたり。

パンやシリアル、ヨーグルトなど、洋食ももちろんあります。
ドリンクはコーヒー紅茶などの他にスイカジュースやパイナップルジュースなんかもありましたよー。

その場で作ってもらった何かしらの麵。
ザ・台湾の麵で日本ではなじみがない香りでしたが、食べだしたら特に気になりませんでした。
ただ好みは別れそう。

ラウンジ

チェックインの時に今日はラウンジが20時まで無料だよ!と教えてもらったのでもちろん行きました。(なぜ無料なのかは謎です)
ラウンジの入り口にホテルのスタッフがいるので部屋番号を伝えます。

行ったら誰もおらず貸し切り状態でした。

肉や魚料理、サラダ、スイーツなどなど。
早めの夕飯を食べたばかりなのに、テンションが上がってまた色々食べてしまいました(^^;

おしゃれに氷につかっているドリンクたち。
これだけのラウンジが無料で利用できたのでラッキーでした。

まとめ

駅から近くてとてもキレイなホテルなのに、価格が安い!!
私が宿泊した時は一泊一人辺り朝食込みで約8,000~9,000円でした。
ちなみに宿泊したのは土日祝です。

スタッフも皆さん丁寧で感じの良い方ばかりだったのでまた泊まりたいと思えるホテルでした。(日本語が話せるスタッフもいましたし)
本当に何も不満がなかったので、これから台湾へ行く人にはおすすめなホテルです!

Sponsored Link