台湾に行ったら九份へ行きたい!台北市内からバスで行く方法

Sponsored Link

台北市内からツアーを使わずに九份へ行ってみました。
Googlemapでみると九份ってすごく遠いなーと思っていましたが、バスで1時間半もかからずでした!

バスを利用して九份へ行く方法をまとめましたので、参考になれば幸いです。

Sponsored Link

バスで九份へ行く方法

台北市のMRT文湖線・忠孝復興駅で降り、2番出口から出ます。
出口から徒歩1~2分ほどの場所に九份行きのバス亭があります。

バス亭の目の前はSOGOデパートです。もちろんSOGOの中を通っても行けます。
バス停付近は大抵人が並んでいるのと、相乗りタクシーの客引きがいるのでわかりやすかったです。

1062系のバスに乗車します。
支払いは現金でもOKですが、悠々カードが便利です。
たまたまかもしれませんが、私がバスに乗った時はほぼ全員ICカードでの支払いをしていました。

タッチするだけだし、悠々カード支払いだと九份までNT$86(約310円)で行くことができました。
事前に調べた料金よりもかなり安い…!

心配な人はツアーで

忠孝復興駅からバス1本で行けるので海外旅行に慣れてない人でも大丈夫かと思いますが、心配な人はツアーがおすすめです。
ツアーだと時間制限はありますが、添乗員がいますし何かトラブルがあった時に心強いです。

以前ツアーで九份を訪れた時は往復のバス+添乗員+夕食付きで約5,000円ほどでした。
自力で行くよりはもちろん高いですが、私が申し込んだツアーは九份の夜景が見れるタイムスケジュールでしたし、夕食も食べる事ができました。
帰りは夜市にも寄れたり、何よりも安心感が半端ない!!でツアーも良かったです。

私たちは一人5,000円くらいのツアーでしたが、今はもっと安いツアーもあるみたいです。
下記リンクからツアーの詳細が見れます。ご参考までに…

九份の混雑状況

夜はさすがに混むだろうと思い、お昼に行きましたが…昼の時間帯でも人!人!!人!!!で大混雑でした。。

昼なら若干空いてるのではという思惑がまんまとハズレました…。

当日は小雨+霧。
傘を差しながら歩いていたので、さらに圧迫感がすごかったです!

九份には昔ながらのお店もたくさんありますが、新しいお店も増えていました!
タピオカミルクティーとかシュークリームとか…九份の街も今時な感じに。

九份は狭い道が多いです。
皆写真を撮りながら歩いていたり、階段が多かったりする街なので足元にはお気をつけください。

千と千尋の神隠しのモデル店

九份に行ったら絶対行きたいお店と言っても過言ではないのがこちらのあめおちゃの店。日本語でしっかりと「あめおちゃ」と書いてあります。
湯婆婆の屋敷のモデルになったお店です。
もはや日本では超有名なお店ですよね。行った事なくても写真で見た事ある人はたくさんいるのでは?

人がひっきりなしにお店へ入っていきます。
ここのお店は完全観光客向けの価格設定なのでお茶とお茶請けのお菓子でNT$300(約1,080円)とちょっと割高です。
ですが、ここでしか味わえない雰囲気もあるのでやっぱりおすすめです!

帰りのバス

当日は霧がすごく、帰りのバスの混雑状況も心配だったので早めに帰る事に。
バス亭はセブンイレブンがある道を登ったところにあります。

そんな遅い時間じゃないのにこの人だかり…。
もはや何行きのバスの列かわかりませんでしたが、とりあえず並んで待つことに。

約10分ほど待っていると忠孝復興駅行きのバスがきました!
が、、列がまったく動かず前にいる人たちはほとんどバスに乗る気配がありません。

そんな時は列を気にせずにバスに乗ってしまいましょう…!
実際にあの長蛇の列は違う行先のバスを待っていたらしく、誘導のおじさんが台北市に行きたいなら早く乗って!みたいな言葉とジェスチャーをしていたので慌ててバスへ乗り込みました。

バス亭には人がたくさんいましたが、何の列なのかもよくわからなかったので周囲をよく観察して動くしかない感じでした。。

まとめ

九份へは片道1時間20分程で行けたので思いの外、遠くなかったです。(もっと遠いと思い込んでいました…
街自体も3時間もあればだいたい見て回れるので日帰りでも十分に楽しめます!

千と千尋の映画を見てない人でも思わず写真を撮りたくなる街なので、是非行ってみてください^^

こんな霧だらけの日だったけど、楽しかったですよ!

Sponsored Link