【バンコク】トンロー駅から徒歩3分!マリオットホテル・スクンビットに泊まりました

Sponsored Link

タイ滞在中はバンコク市内のマリオットホテルを利用しました。
なるべく駅近のホテルを探していたのと、先日国内で宿泊したマリオットホテルがとても良かったのでタイでもマリオットを利用してみる事になりました。

宿泊してみて実際どんな感じだったか感想をまとめましたので参考になれば幸いです。

Sponsored Link

基本情報

ホテル名:Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit(バンコク・マリオットホテル・スクンビット)
住所:2 Soi Sukhumvit 57, Klongtan Nua, Watthana, Bangkok 10110
最寄り駅:BTSトンロー駅
チェックイン:15:00
チェックアウト:12:00

トンロー駅を降りると歩道橋のような連絡通路があります。地上に降りずにそちらの道を通れば信号もないのでとてもスムーズにホテルまで辿りつけます。
ただ、地上に降りる手段が階段しかないのでトランクを持って階段を昇り降りするのが大変です。

チェックイン

ホテルに入ると目の前にフロントがあるので早速チェックインをすませます。
チェックインの流れは基本的にどこも一緒ですね。パスポートを準備しといた方がスムーズです。

あと、先払いで支払いが完了している人でもデポジットの件があるので、クレカも準備しておいた方がいいです。

フロント横にあるカフェがおしゃれだったので一枚撮っておきました。
朝食ビュッフェもこちらで食べれます。

プレミアデラックスルームシティビュー

訳あって初日だけこちらの部屋に泊まりました。

社長が座りそうな机と椅子が置いてある…。

お風呂はバンコクの街を眺めながら入れます。ちょっとしたセレブ気分が味わえそうです。
眺めは良いのですが、それ以上に足が滑りそうで怖いとそっちの方が気になってしまう私。。

洗面台も美しや~。そしてアメニティは安定の「THANN(タン)」。マリオットはどこでもタンなのかしら?

ワインが置いてあるだけで、高級感が増しますね。

デラックス ダブルルーム

2日目からはこちらの部屋!
部屋の広さに差はあまりありませんでしたが、やはりこちらの部屋の方がスタンダードな感じでした。(まぁそうなんですが)

個人的にお風呂とトイレはこっちの方が好きです。

メリットとデメリット

実際に泊まってみて、良かった点と悪かった点をまとめました。

メリット

・駅近い
・スタッフが親切
・部屋がきれい
・アメニティが充実
・チェックアウトが12時
・ルーフトップバー「オクターブ」がある

ホテルが駅から近いと観光へも行きやすいですし、とにかく便利!
やっぱり駅近最高だー。

で!バンコクマリオットの売りと言えば最上階にあるバーですよね。
前回宿泊したルブアシロッコというバーがありましたが、シロッコはとにかく高い!!!
そちらと比べると安価ですし、もっと気軽に行けるバーという印象でした。
まぁシロッコが高すぎるだけなんですが…。

デメリット

・日本語対応できるスタッフがいなかった

たまたまタイミングが悪かっただけかもしれませんが、フロントでも終始英語で会話となります。
某予約サイトの備考には日本語OK的な事が書いてあったので、日本語が喋れるスタッフがいるとは思いますが常にいるわけではないみたいです。
やっぱり最低限の英語はいるなーと思いました。。

私が英語できなさすぎるだけですが、それでも一生懸命理解しようとしてくれたスタッフさんには感謝ですね。。

まとめ

バンコク市内のホテルは日本の同等のホテルに比べるとまだまだ安いので、タイへ行く時は国内では泊まれないようなホテルを予約してしまいます…!
安くても快適に泊まれるホテルも沢山あるとは思いますが、年1であるかないかの事なので毎回ちょっと贅沢してしまってますね。。

何はともあれバンコク版マリオットも快適に泊まれたので利用して良かったです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link